デパスの効果・副作用・依存性

topimg

デパスは不安感や緊張感を和らげてくれる人気の薬です

デパス

会議などで極度に緊張してしまう、または気分が晴れず落ち込む…というときに飲んでいる方も多いのではないでしょうか?

デパスはそのような不安な気分を沈め、リラックス効果を発揮するお薬です。

エチラームデパスジェネリック通販ページ

精神的不安や緊張の緩和という精神安定剤としてだけではなく、睡眠導入剤として服用される方もいらっしゃいます。

参考サイト:デパス(Depas)の最安値!!価格比較通販情報

デパスの種類

デパスには0.5mgと1mgの2種類があります。副作用が低く、効果が高いという点から心療内科等に来院した場合、処方してもらうことが多いのが「デパス」なのです。

その際、通常は0.5mgが処方されます。不安感、緊張感がひどいと判断された場合に1mgを処方される場合もあります。

デパスの作用時間は短時間で薬を服用してからおよそ15~30分後に効果が現れ、個人差はありますが5~6時間で効果が消失していくと言われています。

1日の摂取量は最大3mgまでとされており、抗うつ剤として使用する方は1日朝昼版の3回の服用、睡眠薬として使用される方は寝る前に1回服用することが多いようです。

注意しておくことは、長期間に渡りデパスを服用し続けると依存性が出てくる場合があります。

自己の判断でデパスの服用をやめたり、勝手に量を増やしたりすると依存性などの症状が出てくる恐れがありますので医師の指示のもと服用するようにしましょう!

デパスのジェネリック

同じような効果で値段が安い医薬品デパスのジャネリック医薬品の販売情報

デパスジェネリックはかなりおすすめです。

デパスについて

治療薬の中には成分の影響によって依存性が出るものもあれば、「この薬を飲んでいるのだから大丈夫だ」といったような精神的な影響によって依存性が出てくるケースもあります。

また薬の依存性というのは個人差も大きく、依存しやすい性質の方もいらっしゃいますし、できるだけ薬には頼らずに治療したい、薬は治療サポートの一環としたいという考えの方もいらっしゃるので、必ず誰にでも依存性が見られるわけではありません。

例えば抗不安薬の中には依存性がある成分が含まれているものがあります。

デパスなどのベンゾジアゼピン系などは依存性が認められていますので、医薬品を服用する時には用法用量を守ることが第一ですが、デパスを服用することになった場合には特に過剰摂取にならないように注意が必要です。

しかしデパスを服用した全患者が依存してしまうというわけでもないのです。

医師から伝えられた用法用量をしっかり守ること、必要な期間だけ服用するなど医師の指導を守ることで依存しやすい性質にあるという方も依存防止を行うことができるのです。

抗不安薬だけでなくその他の治療薬でも同様のことが言えますし、必要な分だけ飲む、病は気からとも言いますから薬のことばかり考えすぎないことも大切です。

精神的な弱さからも依存性は起こりうる副作用なので、依存を過剰に怖がるのも問題なのです。

依存という症状は医薬品だけでなく日常生活にも潜んでいるものです。

近年はスマホ・携帯依存症という言葉が多くみられるようになりましたし、実際にスマホ依存症になってしまっている人はかなり増えています。

自分ではスマホに依存していないと思っていても無自覚なだけだというケースも少なくありません。

その他にも喫煙習慣も一種の依存だと言えます。

実際にニコチンには依存性がありますから禁煙できないという方は依存から脱却するという考え方も必要でしょう。

アルコール依存症やギャンブル依存症なども重度になると治療が必要となるものですから、依存というものは私たちの身近に多く潜んでいます。

また睡眠薬を飲まなければ十分に睡眠を取ることができないというケースも、依存症として問題視されていますね。

睡眠薬依存症を題材とした特集番組なども見かけることがありますし、雑誌や書物などで詳しく解説しているものもあります。

デパスなどの抗不安薬依存症に陥っている患者さんもおり、薬を飲まなければ外に出られなかったり仕事が進められないというケースも少なくありません。

そのような問題視されている依存症の情報を耳にする度に「それならばそもそも治療薬を飲まなければ依存になることもないのではないか」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

けれどもその考えこそが、依存を過剰に怖がっている証拠であり治療をストップさせて症状を悪化させてしまう原因にもなります。

実際に精神科などで治療薬への依存を怖がるあまりに治療薬の処方を断る方もいらっしゃるのだそうです。

例えば依存したくないからと断った患者さんが、治療薬を飲まずにカウンセリングなどで症状の改善・治療ができる軽度の患者さんであれば、お医者さんも薬を飲まずに治療するという方向で治療方法を選ぶでしょう。

けれども精神科に行くこと自体を拒んで症状が重度になってから精神科に行った重症患者さんだったり、治療薬という面でも治療が必要という診断を医師がくだした場合には、依存を過剰に怖がる気持ちから見直す必要が出てきます。

薬の力も取り入れながら治療しなければ悪化する一方だというケースもゼロではありません。

精神科で処方されるお薬に対して間違ったイメージを抱いている方が多いのも、依存への過度な恐怖に繋がっています。

精神科で処方されたお薬を飲んで症状が改善した、完治したという前向きな結果は見ずに、治療薬に依存してしまったという悪い結果にばかり注目してしまう世間の目も問題なのです。

医師は患者さんの体格や症状の重さ、性質などを総合的に診察してどれくらいのお薬の量が必要なのかを、医学的観点から診察します。

正確な知識を持った医師が処方するのですから、依存性を抑えることももちろん含まれた上での処方薬になるのです。

そもそもお薬に依存してしまうケースというのは、医師の指導を破って過剰摂取している場合だとか、そろそろお薬を減らしましょうという医師の勧めを信用できずに減薬せずにいる場合、定期的な診察を受けずに治療へ真面目に取り組まないという場合に起こりやすいのです。

あなたが医師の指導を守って決められた量を決められた期間だけ服用し、減薬しましょうという前向きな診察を信じて減薬に努める、定期的に診察を受けて治療に真面目に取り組む姿勢を崩さなければ、治療薬に依存してしまうことになる可能性はとても低いのです。

デパスのようなベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、その他の抗不安薬よりも依存性が多少強いというのは確かな事実です。 ただしこの「多少強い」というのは、アルコールへの依存とさほど強さは変わらないと言われていますので、アルコール依存症にならないよう飲酒の量が調節できているという方ならば、お薬の依存性をさほど心配する必要は無いと言えるでしょう。

精神的な疾患も肉体的疾患と同様に、お薬が必要となる症状が数多くあり、お薬を有効活用するというのも治療ではポイントとなります。

自分自身が強い意志を持ってお薬を飲みすぎない、医師の指導を破らないことを心がけていればよほどのことがない限り抗不安薬依存症になってしまうことはありません。

精神疾患の治療に関しては悪い情報やマイナスなイメージばかりが先行してしまっているという現状も問題ではありますが、そのような世間一般のイメージや勝手に悪い想像ばかりをして治療薬をマイナスに捉えずに、医師としっかり相談して医師の指導を守ることを心がけましょう。

依存を過剰に怖がるのも問題と申しましたが、お薬への依存を過剰に怖がってしまうというのは自身の心の弱さの表れだとも言えます。

お薬を服用する前から依存を恐れて服用を拒否してしまっていては、治る可能性のある疾患も治らなくなってしまいますし、症状の改善による快適な生活も遠のいてしまいます。

あなたが本当に治療したい、症状を改善したいと心から思っているのであれば依存を過剰に怖がる気持ちから見直しましょう。

大切なのは用法用量を守ること、真剣に治療に取り組むこと、そして意思を強く持つことです。

あなたが依存を恐れずに医師の指導のもとしっかりお薬を飲んで治療を行えば、何かしらの改善はみられるでしょうし症状の軽減による減薬も夢ではありません。

精神疾患の治療で抗不安薬へ依存してしまったというケースばかりが報道されてしまいますので、依存性はゼロでは無いけれども全ての患者がお薬に依存してしまったというわけではない、ということを強く意識しましょう。

お薬を有効活用して治療が成功した、症状が改善できた、完治したという情報についてもインターネットなどで検索してみてもいいでしょう。

マイナスなイメージの情報だけでなくプラスなイメージの情報についても同じように取り入れて、分からないことやどうしても疑問が拭えないことなどは直接医師に相談して話を聞いてもらいましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ