肩こりにデパスを処方されることがある?

デパスはうつ病や自律神経失調症、統合失調症などの精神疾患の治療のサポート薬として処方されるお薬です。

デパスを飲んだだけではうつ病や自律神経失調症などの疾患の根本的治療はできないのですが、様々な疾患によって引き起こされる不安感や緊張感、焦燥感などの症状を緩和させることができますので、疾患の治療薬とデパスが併用されることが多いのです。

デパスは抗不安薬と呼ばれています

副作用として眠気を催すこともありますので、夜にうまく眠れないという方にも処方されることがあります。

眠る前に不安や興奮などが緩和されますので、強制的に眠気をもたらす睡眠薬とは異なり、精神を鎮静化させて自然に眠れる体へと変えてくれる効果が期待できるのです。

さらに、デパスは多くの人が悩まされている「肩こり」の症状にも処方されるケースが多いのです。

なぜデパスは肩こりの症状を緩和させるのに有効なのか?

デパス肩こり

例えば日常で感じているストレスや精神的負担によって、気づかないうちに体がこわばっている、筋肉が緊張した状態が続いていることで肩こりが起こっているケースもとても多いのです。

このような場合には「特に肩への負担があったわけでもないのに肩こりになっている、おかしいな」と疑問を抱く方も多いのです。

またデスクワークで長時間同じ姿勢を続けているというのも、体のこわばりや筋肉の緊張に繋がり肩こりへと変わっていきます。

そのような場合にも体も脳内も緊張状態となっていますので、デパスを服用することで肩こりの原因である体のこわばりや感じている緊張感を改善することができるのです。

「デパスを服用している」と聞くと何かの精神疾患を患っているのではないかとイメージする方も多いようですが、ひどい肩こりを改善するためにデパスを服用している方も少なくありませんよ。

肩こりの原因がわからずに悩んでいるという方は、まずは体からこわばりや緊張感、不安感を取り除くということにも注目してみるといいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ