デパスで腰痛症が改善できる!?

腰痛症

デパスは抗不安薬というイメージが強いようなので、デパス服用=精神疾患を患っている、というイメージをお持ちの方も多いようです。

確かにデパスによる精神安定効果をもって、うつ病や自律神経失調症、パニック障害などの補助薬として処方されることは少なくありませんが、それ以外にもデパスは様々な症状に対処療法として用いられるお薬です。

デパス服用=精神疾患というのは少し偏りすぎているイメージだと言えます。

肩こりにはデパス錠?

例えば肩こり改善のためにデパスを服用しているという方もいらっしゃいます。

日ごろのストレスや精神的・肉体的負担の影響で体や筋肉がこわばっており肩こりを発症しているというケースは珍しくありません。

まずは肩こりの要因となる不安や緊張、筋肉のこわばりを緩和することで肩こりの改善を促すのです。

あなたの周りでも肩こりを改善するためにデパスを服用しているという方がいらっしゃるのではないでしょうか。

腰痛にはデパス錠?

腰痛デパス

また、肉体的苦痛を和らげてくれるデパスは、腰痛症にも処方されることがあります。

デパスを飲むことで得られる筋弛緩作用が、腰痛改善に効果的なのです。

さらに腰痛で苦しんでいると腰痛が気になり不快感やイライラを感じますよね。

腰痛が不安で外出がストレスに感じてしまったり、腰痛のせいで仕事やプライベートでミスしてしまうのではないかと体も精神的にも緊張してしまうものです。

そのようなストレスによる不安や緊張感も、デパスで緩和することができますので、腰痛患者の精神的な症状改善にも効果的なのです。

さすがに少々の腰痛程度ではデパスでなくその他の体に影響の少ない方法で腰痛改善に努めるべきでしょう。

腰痛症でもデパスは対処療法という役割なので、まずは腰痛症の根本的改善治療を務めながら、治療が進められるようデパスでサポートしていくというスタイルが一番です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ