デパスの主な効果・効能とは?

デパスは様々な症状に有効だと言われており、様々なケースで用いられているお薬です。
今回はデパスの効果・効能をご紹介していきます。

デパスの効果・効能

●神経症に伴う症状の改善
神経症を患ってことで感じる緊張や不安、強迫や恐怖、神経衰弱を和らげます。 抑うつの改善や睡眠障害の改善などにも有効です。

●自律神経失調症や更年期障害における症状の改善
自律神経失調症や更年期障害における睡眠障害や焦燥、不安や緊張を和らげ身体症候の改善効果も期待できます。 また自律神経失調症では肩こりやめまい、食欲不振などの症状がみられることがありますが、そのような症状の改善にもデパスが処方されることがあります。

●統合失調症における睡眠障害改善に用いられることもあります。

●心臓神経症や循環器疾患、消化器疾患や内分泌系疾患などにおける不安や焦燥、睡眠障害や不安感、抑うつ感の改善効果があります。
その他頸肩腕症候群や腰痛症などでもデパスが処方される場合があります。

●卵巣欠落症状、頭部・頸部損傷における発汗症状、頭痛や倦怠感などの症状にも処方されることがあります。

●脳脊髄疾患を患った方に起きると言われている疼くような痛みや筋けいれんにもデパスで対処するケースがあります。

デパスの効果はうつだけじゃない!

81e71b46868c4155672f805bbf863463_s

「デパスというのはいわゆるうつ症状の際に処方される薬だ」とイメージしている方も多いと思いますが、デパスが効くのはうつ病だけではありません。 自分はうつ病ではないからデパスとは無縁だ…というわけでもありません。
様々な効果・効能を持つデパスだからこそ対処できる症状というのもあります。

今回ご紹介したような症状を病院で診てもらった際にデパスを処方されたとしても、ネガティブなイメージを持たずに医師から指導された用法用量を守って正しく服用しましょう。
あなたが悩まされている症状の緩和が期待できるお薬です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ