デパスの服用と耐性

どのお薬にも言えることなのですが、お薬というのは飲み続けていると体に耐性がついてくるものです。

短期間の服用であればより良い効果を効率よく得られるでしょうが、長期間の治療が必要でその期間の間お薬を服用しなければならないとなると、耐性という問題が出てきます。

多用し過ぎるのは危険

デパス多用

お薬に耐性がついてきたからといって安易にお薬の量を増やすというのは危険です。

お薬の量が増えれば副作用のリスクや重さもアップしてしまいますし、それだけ体に負担がかかるのです。

別の症状に悩まされてしまう可能性もありますので、耐性がついてしまった場合でもやはり医師の指導の下での服用が重要なのです。

デパスにおいても耐性は例外ではありません。

精神疾患におけるデパスの服用となると、長期間の治療が予想されますのでデパスの服用期間も長くなることが安易に予想されます。

体がデパスへの耐性をつけてしまうと、デパスによる症状緩和の効果が薄れてしまったように感じてしまいます。

今まで抑えられてきた不安感や緊張感などを再度強く感じてしまうこともあるでしょうし、デパスで抑えられていたはずの腰の痛みや頭痛などが再度強くなってしまう可能性もあるのです。

もしも、耐性がついてしまったら

デパス耐性

デパスへの耐性がついてきてしまった場合にはどのような処置が施されるのでしょうか?

まずたいていの医師はお薬量の増加を良しとしません。

それだけ体へのダメージが強くなるばかりだからです。

デパスに耐性がついてしまった場合には、レキソタンやセルシン、ソラナックスやスニッフ、パキシルなどのドデパス同様の効果を持つお薬へとシフトすることが多いのです。

どのお薬もデパスと同じ効果・効能を持つお薬なのでデパスで押さえていた症状を再度抑えられるようになるでしょう。

お薬のシフトに関してもやはり医師の指示のもとで行わなければ危険ですので、デパスへの耐性を感じてきたならばすぐに医師に相談するようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ