デパスと組み合わせて使いたいもの

デパス

デパスを正しく服用することで、様々な症状の緩和・鎮静作用が得られます。

けれどもできるだけデパスの量を減らしたい、デパスを最小限・最低限の頻度に抑えたいという方もいらっしゃると思います。

確かにデパスは医薬品である以上、効果を発揮しながらも体に多少なりとも負担をかけてしまうものです。

また副作用というリスクもありますし依存症にとらわれないよう注意も必要です。

何事にもメリット・デメリットがあるように、デパスを服用するにあたっても症状が緩和できる、即効性があるというメリットもあれば副作用や依存性、離脱症状などのリスクがあるというデメリットがあります。

薬以外にできる事

デパスを服用することで精神疾患をはじめとする様々な症状に関する対処療法が可能となりますが、デパスの量を減らすという目標のために何かできることはないでしょうか?

今回はデパスと組み合わせて使いたいものをご紹介していきます。

精神疾患の場合には、漢方療法という治療方法があるように漢方薬を用いることもあります。

例えば

・抑肝散

・柴朴湯

・加味帰脾湯

・加味逍遥散

などの漢方薬がデパスと似たような作用を持つと言われています。

その他にも黄連解毒湯、半夏厚朴湯などの漢方薬が用いられることもあります。

お薬でなく体への負担が少ない漢方薬を希望する方もいますので、抗不安薬でなく漢方治療を選択するという方法もあります。

デパスとハーブ類の併用はOK?

デパスハーブ

また古来から親しまれているハーブ類も組み合わせて使うといいでしょう。

精神的に不安定でイライラしやすい、ふさぎ込むという症状がある方はイランイランというハーブアロマがおすすめです。

睡眠障害や不安感が強い、緊張しやすい、ヒステリーという症状がある場合にはカモミールやラベンダーなどのハーブを取り入れるといいでしょう。

心のバランスを整えたいという場合にはゼラニウムが最適です。

ハーブを使ったアロマオイルというのはいわゆる嗜好品なので副作用の心配はありません。

またお薬を飲んでいても香りを楽しみながら気持を落ち着けるなどの効果が得られますので、デパスとの併用も安心です。

これらのハーブや漢方薬などをデパスと組み合わせて使いながら自然な形でデパスを減量する、回数を減らしていく工夫をするといいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ