デパスと離脱症状の関係

離脱症状

医薬品であるデパスには副作用が起こるかもしれないというリスクがあります。

これはデパスだけでなくその他の薬にも言えることであり、医薬品を飲むうえでは副作用についても注意しなければなりません。

また、デパスは穏やかな効き目があるという特徴があるのですが、依存性も比較的高くなりやすいという特徴があります。

デパスに関して依存性を心配されている方もいらっしゃると思いますが、医師の指導をしっかり守る用法用量を守ることで依存性を抑制することは可能ですよ。

デパスの副作用の一種に「離脱症状」というものがあります。

離脱症状という言葉自体を初めて聞いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

●離脱症状とは?

薬の服用をやめる時に、肉体的にだけでなく精神的にも様々な症状が現れることを、離脱症状と呼びます。

即効性が高いデパスを長い期間服用していると、依存性が出てきてしまいいざデパスの摂取をやめようとする時に離脱症状が出てきやすくなるのです。

デパスの離脱症状としては


・眠れなくなる

・痙攣などの発作が起きやすくなる

・幻覚が見えるようになる

・妄想がひどくなる

・せん妄が現れるようになる

・振戦がでるようになる


などが挙げられます。

医師の指導のもとで徐々に薬の量を減らしていく、回数を減らすなどの努力をして離脱症状を抑えるようにしなければなりません。

離脱症状を避けよう

デパス

デパスの処方が必要とされる症状は、日常生活に支障をきたすものが多いのですが、デパスによる離脱症状も幻覚妄想など日常生活に支障をもたらすものなので、できる限り離脱症状を避けられるようにしていかなければなりません。

精神疾患などの治療のためとは言え、デパスを長期間服用していると依存性もそれだけ高くなってしまいますし、離脱症状も現れやすくなってしまいます。

離脱症状をできるだけ抑制するためにも、医師の指導をしっかり守りながらデパスの減量、回数の減少を心がけていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ