デパスの副作用にはどんな症状があるのでしょうか…

デパスを飲んだ場合の副作用として、下記であげた副作用が報告されています。

頭痛、ふるえ、発汗、意識障害、眼瞼痙攣、眩暈やふらつき、脱力感、けん怠感…etc

デパスの副作用

毎日服用している方には、デパスを飲まなければ…という新たな不安を感じてしまい、依存してしまう方もいるようです。

即効性があり、万能薬とも言われているデパス…。さほど必要ないときでもつい薬に頼ってしまい、そのまま依存してしまうということも少なくはないようです。

デパスを服用する際に気をつけるべきこと!

ca2_2

重要なのは薬の性能・副作用を理解し、自己判断ではなく医師から指示された正しい用法用量を守って服用することです。

服用中は注意力・反射能力が低下する恐れがありますので自動車の運転は控えましょう。

また、持病を持っている方は普段服用している薬があれば医師に相談し、併用して問題がないか必ず確認して下さい。

デパスを飲み続けると耐性がついたり、依存性が出てくる場合がありますので、その場合は医師に相談しながら服用する用量を調節していきましょう。

決して自己判断で服用を中止したり、服用回数を増加したりなどはしないで下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ