デパスを飲みすぎてしまうとどうなるの?

飲み過ぎ

お薬というのは様々な症状や病気の改善、治療においてとても重要です。

薬物治療でなければ有効な治療法が無いというケースも多く、自然治癒が難しい病気も数多くあります。

病院という場所は連日大忙しです。

病院では多くのお薬を処方しますが、デパスも精神疾患や睡眠障害、肩こりや腰痛や頭痛、十二指腸潰瘍など様々な症状への対処療法として処方されるお薬です。

主に精神疾患の治療のために精神科や心療内科などで処方されることが多いですが、稀に内科や整形外科などでも手術や治療、病気への不安感を和らげるために処方されることがあります。

摂取量は守りましょう

デパスも当然処方される時には用法用量を医師から説明され、必ず摂取量を守るよう指導されます。

自身の体へのダメージも考え、その医師の指導は守るべきなのです。

しかし、個人的にデパスを購入したというケースでは、説明書を見ながらデパスを服用することになりますので、ある程度の目安を参考に服用しなければなりませんよね。

例えば不安感に耐えられずデパスを多めに飲んでしまった、過剰摂取となってしまったらどうなるのでしょうか?

薬に関しての副作用は

副作用

まず真っ先に予想されるのは「副作用が強くなる」ということです。

お薬の過剰摂取ではまず酷い副作用が懸念されます。

発疹が出たりひどい眠気が出たり吐き気や嘔吐、幻覚や妄想、頻脈や胃腸障害なども懸念されます。

言語障害や手足の震えが出る、横断やむくみ、耳なりなどもありますし逆に興奮して眠れなくなる、倦怠感や脱力感を感じるなどの副作用もあります。

これらの副作用がひどくなり、症状緩和どころか日常生活に支障をきたすことも懸念されますので注意が必要です。

また薬を減らしたいのに体がそれを拒んでしまう離脱症状やデパスへの依存性も高まってしまいますので、体が薬漬けとなってしまい体へ大きなダメージ、負担をかけることになってしまいます。

デパスを飲みすぎるというのは症状緩和と逆効果になってしまい、日常生活への大きな支障も現れるようになってしまいますので注意しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ